2018年1月2日火曜日

2018


麓です

あけましておめでとうございます
2018年が始まりました

2017年は長くて大変な一年でしたがものすごくいろんなことがあって勉強になりました
自分の無力さを痛いほど感じました

今の自分に何もできないのはよくわかった、ということは欲しいものがはっきりしたということなんじゃないかな

積み上げたものは終わったと言いましたがこれからはもう失うものなんてないという気持ちを胸にぐいぐいいこうと思います

今年というかこれからの目標は
「誰よりも笑う」
ことです

というわけで本年もよろしくお願いします




2017年12月16日土曜日

フライング2018

麓です

考えてることをツイッターとかで呟いているといつの間にか長文になってます
やはりさらっとしてる方がよいなと思う

さて2017年ももうすぐ終わりですね
今年は自分の活動が一つ終わった年であり一年通して自分の悪いところがもろに自分に返ってきた年だったなと思います
反省するところはたくさんあるし反省してもどうにもならないこともたくさん

これからのライブに関してなんですがまだやる予定はないです
今までもやると言っておきながら続かなかったりすることも多かったので安易に予定は入れないつもりです
自分は先に進むためにはマイペースが一番の近道だと思ってます
マイペースを知ることと何よりも気張らない練習が必要かな
かっこつけてるのはかっこ悪いからね

思えば今年一年はずっと弱っていた
でもライブを休止してからこれからのことに少しずつ前向きになってきた
曲作ってネットにアップしてCD作ってフライヤー作ってサイトを充実させていろんなところをライブでまわりたい
素直に言葉にすれば夢だらけなんだな

2018年はいい年にしたい
もう気持ち的には来年始まってる
これからのことが楽しみです
まだライブはしませんが来年のどこかのタイミングでリニューアルできるように今は休みつつマイペースに準備中です
どうかそれまでお楽しみに


2017年11月24日金曜日

愛するものへ

遅くなりましたが11月のライブも無事終了しました
ありがとうございました

前回のライブで僕が5年間毎日弾き続けたギターはライブ卒業になります

このギターはベーシストをやめてソロ活動をするにあたって買ったものでした
有名なギターのコピーモデルです

本家と比べると10万円くらい安いです
たしか1ヶ月くらいは探し回ったと思います
いろんな情報を集めて実際弾きにいって川崎の島村楽器で買いました

本家のGIBSONを買わなかった理由は単純にお金がなかったからです

ギターってモデルによって音が全然違うし個体差もあります
でも世の中の全てのギターを弾くことはできないですよね

アーティストが最初のギターを買うときどんな音を求めるかというのも大切ですがもっと大事なのはこいつとずっとやっていくんだ!っていう気持ちなんです

実際ライブで使い始めたときはあんまりいい音が出ませんでした
でも買い換えるお金なんてありません
こいつとやってくと決めた以上はどんな努力も惜しまず試行錯誤するのです

ライブを録音してもらってギターの音に何が足りないのかひたすら考えて
弦の種類やピックを変えてみたり、弾き方を変えてみたり
それはそれは大変でした

ギターの音というのは成長します
徐々にいい音になってきていつしかこいつは僕にとって最高の相棒になっていました

もう弾きすぎて指板が汚いです
それがとってもみていて愛おしくなります

では今なぜこのタイミングでこいつを卒業させるか

僕もたくさんのライブをこなし自分でレコーディングもするようになりいろんなアーティストさんを聴くようになり耳が肥えてきました

ギターってのは本来は音を出す道具です
こいつの場合は道具を超えた相棒でした

しかしこいつとやってくんだ!ていう気持ちだけではどうにもならないくらい道具としてこいつをみたときの限界がわかってしまったのです

もちろん悪いギターといってるわけではないのです
ただこれから自分が目指すサウンドにこいつではもう限界なのです
さびしいですがどうしても届かない音というのがわかってしまったのです

こいつは日によって音にムラがあるのですが先日のライブでは最高の音を出してくれました、嬉しかった

ライブから卒業させたこいつを家で弾くと重荷が取れたかのように今までで一番優しい音に聴こえます

嬉しいときも悲しいときもいつも家に帰ってくればそばにいてくれた
僕が一番愛したギターです
今まで僕の我がままに付き合ってくれて本当にありがとう
楽しくておかしな日々をありがとう
おつかれさまでした











2017年10月31日火曜日

フモータイムvol.2ありがとう

                         撮影:お客様


黒木麓のフモータイムvol.2"復活のF"終了しました。
台風と重なってしまいどうなることかと思ったのですがたくさんの人に来ていただきました。

空中カメラの音楽は最高。
ワンマンの前の忙しい時期にもかかわらず出演していただいて嬉しかった。
彼らのことは何年も前からYouTube等で知っていてライブを初めてみたのは3年前。
僕はまだ東京で弾き語りを始めてそんなに経ってないころだったから憧れも強かったしいつか共演したいと思っていました。
丁度その頃は彼らのちぐはぐ羅針盤の動画がYouTubeで公開された頃で今回のフモータイムではこの曲もやってくれた。
やっと願いがかなった。
ワンマンも行きたいし、また共演したい!


クロキユウタ。
僕の兄貴。久々の共演だし一緒に歌ったのも何年振りだろう。もういつぶりかわからないくらいのコットンフィールズをハモった。
双子というのはなかなか難しいもので昔は二人で一つの存在だった。
いろんな人から兄弟で一緒にやればいいのにって言われてきたけど僕らはソロアーティストとして別々の活動をしていた。
自立が必要だったから。
ライブが終わった後終電を逃してしまい今までのことこれからの夢お互い抱えてるものいろんなことを歩きながら話した。
ライブやそんな時間を過ごしてはっきりわかったことは、僕らはもう人としてもソロアーティストとしても別々の存在であること。それが揺るがないこと。
それがわかったからこれからはまた共演する機会を増やしていってもいいのかもねって話になって胸が熱くなった。


僕は今回のフモータイムが決まってからもいろんな予定をつめこんで活動していた。
ちょっと無茶をした感じがある。すごくいい経験だった反面自分のスケジュールや体調管理のバランスのダメさもわかった。

ちゃんと計画的に準備しないといけない、詰め込めばいいというものではない。

今回、というかこの数ヶ月の成功や失敗を活かして何に重きをおいて活動するかちゃんと考えて行動していきたいと思った。
もちろんその中でおこる偶然は捕まえていくつもり。
11月は音源作りをしながら12月以降どんなふうにやっていこうかしっかり計画していこうと思います!

とにかく今回のフモータイムすごく楽しかった。終わった後は雨も止んでいた。
出演者、来ていただいた皆さま、本当にありがとうございました!



ライブ予定

10/31(火) 
下北沢LIVE HOLIC
 "フィッシュストーリー" 

はいからさん / AGU / 湾岸ソルティ / The Highways / 黒木麓 

open18:00/start18:30 
前売り2000円/当日2500円(Drink別)




11/9(木) 
下北沢BAR?CCO 
下北沢レコードpresents“autumn music leaves”

 p.e.n / 快適な暮らし / 黒木麓 / 三輪卓也 
open19:00/start19:30 前売¥1,800 / 当日¥2,000 (+2Drink¥1,000) http://www.cotoc.co.jp/toppage.html


ライブのご予約はメール、SNSでのDMやリプライでも受け付けています。
 お名前と人数の記載をお願いいたします。 

2017年10月16日月曜日

復活のF




麓です。

フモータイムまであと2週間です。
セットリスト、練習しながらじっくり考えてます。しっかり決めてもそのときの雰囲気や気分によって変えちゃうんだけどね。

一人だけの活動になって4ヶ月経った。
9月はいろんなやり方でライブしたし家での作曲もずっとやっている。

何より自分のために日記を書くようにライブをやりたい、と言ったのが8月のライブだったな。
ツイキャスを週一でやるといいながら結局グダグダになってる...笑

毎日動き回ってる。現時点で新曲をだしているわけではないのであまりそんな風にみえないかもしれないけど本当。
そんな生活を4ヶ月続けたおかげか今月に入ってから心境に変化が出てきてる。

誰かためよりも自分のためにライブをするという気持ちが少しずつ変わって、自分のライブにきてくれた人がその瞬間だけでも何か特別な開放感みたいなものを感じてくれるような演奏ができたらなと考えるようになった。

気張らなくてもいいんだという気持ちにもなれた。

本気で音楽をやるためにライブハウスを中心に活動する"バンドマン"である必要もないこともわかった。いろんなフィールドがあるってことね。

そして一番の変化は、前より他人を尊敬するようになった。
あまり人のことを尊敬することがないのが僕の大きな欠点だ。
それが変わってきた。

情けない話なんだけどバンドが終わってからは人と何かをやることが怖くなってしまっていた。
でも一人でなんでもやってみようとして自分にできないことの多さを改めて知って物作りに対する他人の才能や努力を前よりも尊く感じるようになった。
もっと人と関わりたいと思った。バンドはやらないけど。
基本一人であることはこれからも変わらないんだけど"独りよがり"であってはならない。
たくさん人と話したい。

フモータイムのサブタイトルは復活のF。復活だ。

自分にとって、お客さんにとって特別な時間を作りたい。

これからも黒木麓をよろしくな!

あ、あと新曲やるからお楽しみにな!


10/29(日) 
下北沢BAR?CCO
 「黒木麓のフモータイムVol.2〜復活のF〜」 

クロキユウタ/ 空中カメラ/ 黒木麓

open19:00/start19:30
前売り2000円/当日2500円(+2Drink)

http://www.cotoc.co.jp/toppage.html

ライブのご予約はメール、TwitterでのDMやリプライでも受け付けています。
お名前と人数の記載をお願いいたします。
メールkuronekoeb3@hotmai.co.jp




2017年10月1日日曜日

10月!



麓です。
10月に入りました。
今月の29日はついに自主企画第2弾「黒木麓のフモータイムVol.2〜復活のF〜」です!

出演は僕とクロキユウタと空中カメラ!

兄貴とは久々の共演で空中カメラとはなんと初です。
どんなライブになるか僕も楽しみです。

10/29(日) 
下北沢BAR?CCO
 「黒木麓のフモータイムVol.2〜復活のF〜」 

クロキユウタ/ 空中カメラ/ 黒木麓

open19:00/start19:30
前売り2000円/当日2500円(+2Drink)

http://www.cotoc.co.jp/toppage.html

ライブのご予約はメール、TwitterでのDMやリプライでも受け付けています。
お名前と人数の記載をお願いいたします。
メールkuronekoeb3@hotmai.co.jp


9月は4回のライブをしました。
どれもとても意味のあるライブでした。

1日はThe Highwaysのレコ発でのゲスト出演は強烈で眠っていた力を彼らは引き出してくれました。
彼らとはこれからも付き合っていきたい。



とんでます。

3日の下北HOLICでは音璃さんと映画をほぼぶっつけ本番でデュエットしこれも初めての経験でした。

12日の440では知り合いが全然いないなかでの完全弾き語りライブだったのですがこの日はぶっとんだライブができました。
弾き語りは音が少ない分空気や空間を味方につける必要があります。この日はそれができた気がします。

たとえばもし共演が全員バンドだったとしてもこれができれば太刀打ちできます。
僕の弾き語りは廉価版のようなものではないのです。たくさんの人にきてほしい。

14日のHOMEではなんと初のPCを使った同期ライブをしました。
普段通りアコギでライブすれば安定したものを届けられたかもしれませんがこの日は挑戦しました。こういう挑戦はどんどんしていきたい。

10月はフモータイムに全力をそそぎたいのと、人に会いに行くというのを増やしたいなということもありフモータイム以外のライブはないです。よいライブができるようにたくさんインプットしておこうと思います。もちろん音源も引き続き作って行きます。

29日みなさんに会えるのが楽しみです。